このサイトにはPRが含まれます。
スポンサーリンク

23卒の採用に見る「企業の採用基準の考え方」  その2 企業の採用基準

大学生の就活 就活準備編
サイト内には広告が含まれています。

一昨日、23卒における企業の採用基準として「ガクチカ」のお話をしました。

 

https://shu-dou.com/23%e5%8d%92%e3%81%ae%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%82%8b%e3%80%8c%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e6%8e%a1%e7%94%a8%e5%9f%ba%e6%ba%96%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%e3%80%8d%e3%80%80%e3%80%80/

 

ガクチカは派手じゃなくていい!必要なのは力を入れて取り組んだ「内容」や、

力を入れた取り組みから「学んだ」ものは何か?を明確に説明できるように

すること。と説明しました。

 

今日は、

「企業が採用基準で重視する項目」と「学生が面接等でアピールする項目」が

結構食い違っているので、学生の皆さん!目線を変えましょう。という内容で

いきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

採用基準と学生のアピールポイントはこんなに違う

さて、今日もこの資料を見ながら説明いたします。

https://shushokumirai.recruit.co.jp/wp-content/uploads/2023/03/hakusho2023_data.pdf

35ページの図58に

「企業が採用基準で重視する項目/学生が面接等でアピールする項目」

という表があります。

今日は、ここに着目しましょう。

 

まずは「企業が採用基準で重視する項目」の回答が多いトップ3を紹介します。

(注:%は複数回答であることを考慮の上ご覧ください)

 

「企業が採用基準で重視する項目」

1位(93.8%):人柄

2位(78.9%):自社/その企業への熱意

3位(70.2%):今後の可能性

 

続いて、「学生が面接等でアピールする(している)項目」のトップ3です。

 

「学生が面接等でアピールする(している)項目」

1位(47.1%):アルバイト経験

2位(42.2%):人柄

3位(25.6%):趣味・特技、(同率で)所属クラブ・サークル

 

となっています。

どうですか?結構食い違っていますよね。

 

「人柄」については企業側1位、学生側2位と、同様に重視していますが

企業側2位の「自社/その企業への熱意」は、学生側では20.9%で7位に

沈んでいます。

 

逆に学生側1位の「アルバイト経験」は企業側7位と沈み

学生側3位の「趣味・特技、所属クラブ・サークル」は企業側では7.8%の

回答で下位に沈んでいます。

 

 

このように、学生側が「これをアピールしたい!」と思っている項目が

実は企業側としては重視されず、企業側が「学生のここを見たい!」と

思っている項目は、学生に理解されておらず、アピールしてくれない

という状況になっていることが、この表から見えますよね。

 

 

企業は学生の入社後のことを考えている

 

では、この食い違いはどんなところから起こっているのでしょうか?

私が考えるに

 

企業は学生の入社後のことを考えている

 

対して

 

学生は、これまでと今の自分のことしか考えていない

 

という差が、この食い違いの原因だと考えています。

 

 

なので、

 

これまで就活に苦戦している学生の皆さんは、ここを意識すると良いでしょう。

 

①「自分の人柄を虚飾なく伝えること」

 

②「受ける企業を”自分目線”で徹底的に調べて、なぜその事業に魅力を感じたか?

なぜ、その仕事がしたいのか?を語れるようにしておくこと」

 

③「その企業で、自分が目指す目標を考えておくこと」

 

 

ここからはタブーなこと

④「(自分が)成長しやすい企業なのか?研修が充実している企業なのか?は

自分で調べるのは良いが、これを志望理由として面接時に口に出してはいけない

 

⑤「福利厚生や労働時間、賃金等も面接で状況を聞くのではなく、なるべく

自分で調べるか、面接前の説明会で聞いておくべき」

 

 

まとめ

前項①に挙げたとおり、自分を虚飾して見せようとしてはいけません。

それでは、せっかく企業が「人柄」を見たいのに、見られなくなってしまいます。

どんなに自分に自信が無くても、自分に無い能力や虚飾したエピソードで

企業に寄せようとしても、面接官に気づかれて、逆にマイナス評価になるのです。

 

「正直に」が正解なのです。

 

 

 

また、企業を深く知り、自分なりの見方ができる方法を4つお教えします。

 

①同業他社比較をしているか?

同業他社と比較してみましょう。

比較する部分はそれぞれの企業が行う事業における「強み」です。

たぶん、あなたが比較する企業は、どちらにも強みがあると思いますが

あなた自身が「こちらの強みを重視したいな」という気持ちを大事にしてください。

 

また、自分が採用されたら配属されそうな職種・仕事についても比較できたら

しておくと良いでしょう。

 

志望する企業のどんなところが他社と違うのか?どこにより魅力を感じているのか?

は同業他社と比べることでより明確になるのです。

 

 

②企業の公式サイトをしっかり確認しているか?

まさか、採用HPだけ見て企業研究してないですよね?

もし、採用HPだけで企業研究が止まってしまっているなら、そこから深めるため

に本サイトも見に行ってください。本サイトはお客様へ向けた内容になっている

ので、企業がお客様に向けて何をアピールしているか?が分かります。

 

本サイトをを見るのは「ああ、この企業に入ったら、お客様に対してこういう

サービスを提供することになるのだな」と、お客様目線からビジネス目線に

自分の目線を変えることに有効なのです。

 

 

③本サイトから、企業の目標・計画を確認しておこう

企業が今後、どう事業展開していこうと考えているか?は本サイトに事業計画として

掲載しているはずです。あなたが入社したらその未来に向けた事業計画の担い手に

なるわけですから、しっかり確認し、もし共感できることがあったら

「どこに(企業の情報)」と、「なぜ(あなたの情報)」の接点を持って話すと

良いでしょう。

 

 

④ビジネス雑誌の記事も参考にしてみる

ビジネス雑誌(「週刊 東洋経済」「週刊 ダイヤモンド」「日経ビジネス」等)

に、自分が受ける企業、その企業が属する業界の特集が掲載されている場合が

あります。これもぜひチェックしておきましょう。ネットにバックナンバーが掲載

されてますし、所属大学のキャリアセンターで定期購読し、資料として置かれている

かもしれないので、キャリアセンターに問い合わせてみましょう。

 

 

 

以上、今回は

「企業が採用基準で重視する項目」と「学生が面接等でアピールする項目」が

食い違っていることを説明しました。

 

就活生なら、せっかく企業が重視する項目がわかっているなら、その項目について

自分なりの答えを用意しておくと良いですよね。ぜひ上記を参考にして

面接を乗り切ってください。

Follow me!

コメント