就活生は今やれることを一歩ずつ

大学生・大学院修士学生の就職活動
スポンサーリンク

<学部4年生・修士2年生 向け>

さあ、5月に入りました。就活生の皆さん状況はいかがでしょうか?

「内定は持っているけど、本命企業はこれから」って人も「まだ一つも内定取れてない」って人も、この連休中は一度自分の就活を再確認するチャンスだと思いますよ。

就活苦戦している人が今やることとは?
<学部4年生・修士2年生 向け> 今日はとにかく、まだ内々定が取れない、あるいは出遅れてまだ1社も選考受けてない、って人向けに今何をすべきか?を提案したいと思います。 名付けて「短期集中自主トレーニング」 自主トレーニ...

連休が始まる前に、上記の記事を掲載しました。この記事からすでに一週間経ちましたが、まだまだこの後の一週間でやれることはたくさんあると思います。ぜひ自分の課題を見つけて、より高い次元を目指していきましょう!

「まだ見てないよ」って人は上のブログをチェックしてみてください。

 

今の時点では、たぶんテクニック的なことは皆さんすでにご存じだと思いますし「自信無い」って人はこのブログの過去記事をご参考いただければと思うので、ここでは割愛しますが。

 

何より今日、皆さんに言いたいのは

” 企業の面接官も人間であり心を持っている ” ということです。

だからまず「この面接官が私に聞きたいことって何かな?」を全力で考えることです。単に「ガクチカ」「自己PR」「志望動機」と言っても、まさかすべての企業で同じこと言ってるなんてことしてませんよね?

自分の「骨格」となることは変えなくても、「この企業なら、私のこの力をしっかりアピールしなくては!」企業毎に対策を練って必死にアピールするポイントを考える必要があります。面接官に「この学生いいな!」と思わせるには ”企業毎の対策が必要!” でありこれを面接官に理解してもらえたら内定です。

 

また、もう一つ言いたいことは・・・

企業が行うのは「ビジネス」です。慈善事業ではないということ。

企業は、利益を上げるにはどうすれば良いかを日々模索し活動しています。そして、皆さんはその企業の一員として働くのです。ここで悪い例を挙げてみます。「御社であれば自分が一番成長できると思い志望しました」って言う人いませんか?

企業はあなたを成長させる団体ではありません。企業を成長させるためにあなたが成長するのです。「言葉のあや」というかもしれませんがそこには大きな差があります。

「企業とは何か?」を真に認識して、「ガクチカ」「自己PR」「志望動機」を仕上げていきましょう。

 

5月に入り、企業の選考活動も中盤戦に差しかかってきたってところだと思います。まだまだ先はありますし、チャンスはいっぱい転がっています。ぜひここで活動を休止してしまうことなく頑張ってください。

もし上手くいかず、落ち込んで活動が止まってしまって、あまり頼る人が居ないってことがあったら、当ブログのトップページ右上の「お問い合わせ」から私にご連絡ください。できる限り相談に乗りますよ。

Follow me!

コメント