キャリコン学科試験対策「早い段階で過去問を解け!」が正解

資格試験の勉強方法
スポンサーリンク

今回は、国家資格キャリアコンサルタント試験、学科試験の勉強法についてです。

次回(第21回)の学科・実技論述試験は2022年11月6日(日)です。

受験予定の皆さんは、すでに勉強を始められていると思いますが、

 

「早い段階で一度、過去問を解け!」

 

を私から提案したいと思います。

 

養成講座の内容だけでは通過できない

国家資格キャリアコンサルタント試験を受けられる方は、様々な機関で実施される

「養成講座」を修了したことで受験資格を得た、という方が多いものと思いますが

 

学科試験の出題範囲である

Ⅰ「キャリアコンサルティングの社会的意義」

Ⅱ「キャリアコンサルティングを行うために必要な知識」

Ⅲ「 キャリアコンサルティングを行うために必要な技能」

Ⅳ「キャリアコンサルタントの倫理と行動」

に至るまで、時流に合わせた出題がされていくので、「養成講座」で習った知識

だけでは全く足りません。では、養成講座の先の勉強をどう行っていくべきか?

 

勉強法:その① 必読本をさらっと2周

養成講座の内容からブラッシュアップするために、私はまず下記の本を読みました。

 

キャリアコンサルティング理論と実際 6訂版
キャリアコンサルタントの法的根拠、制度的な位置づけをあらためて明らかにするとともに、労働関係法規や倫理等の記述を充実させたほか、海外を含めキャリア理論や産業・組織心理学などの新たな動向を多く追加、従来の章立てを見直して大幅に加筆修正された改訂版。 専門職としてキャリアコンサルタントのアイデンティティを確立することに資す...

 

最新は上記の6訂版のようですね。私の頃は4訂版でした。

これをまず、さらっと2周読んでみました。

読んでいくと、養成講座以上に知識の深さと幅が必要になると気付かされますが、

通しで読むことで、今後勉強していく「流れ」を掴むことができると思います。

 

勉強法:その② 過去問チャレンジ

 

上記の本を読み終えたら、早速過去問にチャレンジしてみましょう。

「充分勉強していないのに、過去問チャレンジしても・・・」と思われるかも

しれませんが、早めに過去3回分の問題を解いて、

学科試験出題の「傾向」を早く知ることが必要と私は考えています。

 

過去問チャレンジの後は

採点して自分の今の実力に嘆く前に、問題冊子に書いてある設問や選択肢をすべて

チェックし、間違えた箇所や正答しても知識があやふやだった箇所を抜き出し

キーワードにしてリスト化します。

また、各設問の選択肢の中にも、今まで知らなかった理論家、調べてなかった法律、

読んでいない政府資料、等が出てきますので、同じくリストに入れます。

 

リストを基に、ノート作りと資料のチェック

リストを基に、自分のノートを作っていきます。私はアナログ人間なので、

手書きのノートを作成しましたが、ご自身で覚えやすい方法で知識を深めていって

ください。

 

汚いですが、こんな感じです(汗)。

 

また、理論家を覚えていく上で、頼りになる本はこちらです。

新版 キャリアの心理学【第2版】―キャリア支援への発達的アプローチ―
10年ぶりに20ページ増の大幅改訂! キャリアカウンセラー・コンサルタント、産業カウンセラーを 本気で受験する方々に読み続けられている“ロングセラーテキスト"が、 新潮流も盛り込みつつ、理解を助けるコラム・関連文献を追加して改訂! 構成は、キャリア・カウンセリングの基盤となる理論を9名の 代表的研究者を取り上げ、「理論...

私が受験していた頃は、この本で書かれていた文章がそのまま選択肢になっていた

こともありますし、理論家の解説はこの本が一番だと思っています。

 

法律や政府資料については、ネットで検索してチェックしておきましょう。

 

勉強法:その③問題を解きまくる

ある程度、ノート作りが進んで知識が付いてきたら、市販の問題集を解きまくり

ましょう。そしてまた、知識があやふやなキーワードが出てきたらノートに付記し

覚えたり、資料をチェックする。というルーティンを続けるのです。

 

キャリア教科書 国家資格キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集 第2版
キャリア教科書 国家資格キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集 第2版

私が受験した頃は出版されてなかったのですが、こちらの問題集もオススメです。

 

 

勉強法:その④ 最後に

ある程度勉強が進んだら、各種養成講座実施機関が主催する「模擬試験」を受けて

みることもオススメします。本試験の出題傾向を研究して問題が作成されてますので

自分の実力を量るのにうってつけですし、自分の知識が及んでいない部分が見つかる

場合もあります。ミニ講座付きの模擬試験も開催されていますので、ぜひいろいろな

機関のサイトをチェックしてみてください。

 

そして、最後にもう一度過去問を解いてみることです。

最初に過去問チャレンジした頃から、時間が経っているので、問題の内容はほとんど

忘れているはずです。サイトから問題冊子を印刷して、本番さながらに解いてみる

のも良いかもしれません。

 

 

本日、お話する中で重要なことは

「早い段階で一度、過去問を解け!」

でした。

過去問を解くのは、しっかりノートを作って勉強してから、と思いがちですが

皆さん勉強し始めてから、試験までの期間は短いでしょうし、1日の勉強時間も

それほど取れないでしょう。であれば、まず最初に問題の傾向を掴んでから

勉強するほうが効率的であると思っています。

 

第21回の試験までは、のこり2ヶ月弱ですが、皆さん頑張ってください。

Follow me!

コメント