23卒の就活、6月からのリスタートでやるべきこと その①「志望先を広げろ!」

学部4年生、修士2年生の就活
スポンサーリンク

6月に入り、大手企業の選考が本格化。その選考の結果が出たら、学生の皆さんは

ひとまず自分の就活が上手くいったのか?いかなかったのか?が分かりますよね。

 

この記事を読む方は、たぶんまだ内定を得ていないか?内定を得ていても、満足せず

今後も企業の選考を受けていこうと思っている方だと思います。

 

そんな皆さんへ、6月以降のリスタートでやるべきポイントについて、今日から

少しずつお話していきたいと思います。

 

 

ポイント1 志望先を広げる

特に、内定が得られず就活に苦戦している方、これまで志望業界や職種を絞って

企業研究してきてませんか?あまりに絞りすぎるとこんなデメリットがあります。

 

① 面接官に志望動機が伝わりにくい

特定の業界、一部の大手企業、一部の職種しか見ていないと、企業を比較して考えて

いないので、なぜ自分が他の業界・企業・職種ではなく、貴社を受けるのか?

なぜ貴社でなければいけないのか?の説明が希薄になり、面接官に本気度が伝わら

なくなる可能性があります。

 

② ミスマッチに気が付かない

自分の特性は別業界や別職種にあることに気付いておらず、受けてきた企業の面接官

からは「この学生さん、あちらの業界だったらマッチするだろうなぁ~」と思われて

しまっていた可能性もあります。

 

 

 

では、どう広げていけば良いか?

 

① 今まで研究してきた業界と関係のある業界を見てみる

自分がこれまで研究した業界や企業には、必ず関連する業界や取引をしている企業が

あるはずです。たとえば・・・

上記の図のように、B to C企業と関連するB to B企業はいっぱいあります。

 

今まで、企業研究をしてきた企業が、どういった業界・企業とビジネス上の関連を

持っているのか?調べてみると、意外と自分がやりたい仕事が別の企業でも出来る

可能性があったり、逆に新しく発見した企業に、面白そうな仕事を見つけたりする

ので、ぜひ調べてみてください。

 

② 大手と同じ事業を行う中堅・中小企業もチェック

特に、これまで大手志向で志望企業を広げられなかった人は、今まで見てきた

大手企業と同じ事業を行っている中堅・中小企業があるので、チェックしてみて

ください。

 

 

③ 大学キャリアセンターが開催するイベントへ参加

この時期になると、大学キャリアセンターは23卒学生さん向けに様々なイベント

を開催します。特に企業を呼んだ「企業説明会」や「優良企業の探し方講座」等

就活を続ける方へのサポートを厚く行うので、ぜひ活用してください。

 

活用する際に大事なこととしては、自分が知らない企業でも勇気を持って話を

聞きに行くこと!です。

 

職種についても、しっかりと話を聞いてください。自分はその企業に入社したら

どんな仕事をすることになるのか?これを明確に自身で理解し想像することです。

「理解」と「想像」を行うことで、より志望の本気度を明確に面接官に伝える

ことができるのです。

 

これからの時期で大事なこと

これからの時期で大事なのは、

「自分の可能性を広げるために、志望先を開拓すること」です。

知らない企業、見聞きしたことのない仕事、がもしかしたら自分に合うかも

しれない。また、自分が受けてきた企業と関連のある企業にも自分がやりたかった

仕事があるかもしれない。その可能性を自分で開拓していくことが、就活を成功に

導いてくれる鍵になります。これからはぜひ積極的に動いてください。

 

 

次回は、リスタートでもう一度見直す「エントリーシート」についてUPします。

Follow me!

コメント