ワールドビジネスサテライトからの企業情報(3/4,5放送分)

企業研究に役立つ経済ニュースまとめ
スポンサーリンク

<22卒 および23卒以降 向け>

3月4日(木)、5日(金)にテレビ東京 ワールドビジネスサテライト(WBS)で放送された中にあった企業に関するニュースを取り上げます。

 

3月4日(木)放送分

ホンダ、世界初の「自動運転レベル3」発表

ホンダは、世界初となる「自動運転レベル3」の機能を搭載した新型車「レジェンド」を発表した。

・「自動運転レベル3」は高速道路の渋滞時といった”一定の条件で”運転の主体が車側に移り、手放しの他、前方から視線を外すことも可能としたレベルのもの。

・新型レジェンドについては、顧客への説明やメンテナンスが必要なので100台限定のリース販売のみとしている。

 

ソニー「nuroモバイル」が新プラン

ソニーネットワークコミュニケーションズはきょう通信サービス「nuroモバイル」の新プランを発表した。

・新プランは、音声通話付きでひと月のデータ通信量が3ギガバイトで720円、5ギガバイトで900円、8ギガバイトで1,350円の3つ。

・5ギガと8ギガのプランでは、3ヵ月ごとにデータ容量が追加でもらえる機能も提供し、来月1日からサービスを始める。

 

ダイドー、純利益8割UP

ダイドーグループホールディングスが発表した2021年1月期の純利益は前の年より8割増えて32億円になった。

・気アニメ「鬼滅の刃」とコラボした缶コーヒーの販売が好調。

 

無印良品が生鮮品販売

・「無印良品」の良品計画が野菜や果物など生鮮品を販売する。今年夏以降の国内の新規店舗で、生鮮のほか、自社で開発した冷凍食品や飲料も充実させる。

・食品の売上高に占める割合を、2030年にも現行の約1割から3割にする。新型コロナウイルス感染拡大を契機に小売業の業態転換が進んできた。

 

→(無印良品では、すでにカレーやパスタソースのレトルト商品を販売していますが、既存の商品については味が良く、他のレトルト商品には無い商品展開を行っていたり、根強い人気があったと思います。この下地があったからこそ、これからの生鮮品の展開もしやすくなると考えますね。)

 

3月5日(金)放送分

内閣官房コロナ対策室、残業378時間

・政府は、西村経済再生担当大臣のもとで新型コロナに関する政策立案などを行う内閣官房の職員について、1月の平均残業時間が122時間で最も多い人は378時間だったと明らかにした。

 

→(月378時間はもうほとんど1ヶ月ずっと仕事場で寝泊まりして、2~3時間の仮眠以外は仕事しているような計算になりますね。恐ろしい時間数です。122時間でも1日平均6時間くらいの残業時間になります。17時に終業後6時間仕事するのですから、終電で帰れるかどうか?といったところでしょうか。でもまあ中央省庁に勤める官庁職員の実態は、これに近いものがあると思います。)

 

JR東日本、再生エネルギーで電車運行

・JR東日本は、再生可能エネルギーによる鉄道運行を加速する。2030年度までに鉄道事業の全使用量の約20%に相当する電力を、風力や太陽光による自家発電に置き換える。

・自家発電の約4割を賄う液化天然ガス(LNG)発電所も次世代燃料電池発電への切り替えを検討する。目標とする二酸化炭素(CO2)の50年の実質排出ゼロの移行につなげる。

 

→(日本の再生可能エネルギーに関する技術は、世界からかなり立ち後れていると言われています。先日、住友商事が再生可能エネルギーで水素を生成する「グリーン水素」について、オーストラリアとオマーンで事業化を進めると発表したニュースを取り上げましたが(以下参照)、積極的に海外と提携して再生可能エネルギーのビジネスを展開し始めないと、あっという間に2030年代に突入しますよ。)

 

参照

ワールドビジネスサテライトからの企業情報(1/20,21,22放送分)
<22卒 および23卒以降 向け> 1月20日(水)、21日(木)、22日(金)にテレビ東京 ワールドビジネスサテライト(WBS)で放送された中にあった企業に関するニュースを取り上げます。 1月20日(水)放送分 青山...

 

 

3月4日(木)、5日(金)放送分は以上です。

Follow me!

コメント