ワールドビジネスサテライトからの企業情報(12/16,17放送分)

企業研究に役立つ経済ニュースまとめ
スポンサーリンク

<22卒 および23卒以降 向け>

12月16日(水)、17日(木)にワールドビジネスサテライト(WBS)で放送された中にあった企業に関するニュースを取り上げます。

 

12月16日(水)放送分

日立製作所、トルコ家電大手と新会社

日立製作所は、白物家電の海外事業を強化するため、トルコの家電大手「アルチェリク」と合弁会社を設立することで合意

・傘下の「日立グローバルライフソリューションズ」が来年春に新会社を設立し、株式の60%をアルチェリクにおよそ310億円で売却する

・日立の海外の家電事業はこの新会社に移管し、アルチェリクの販売網などを生かす狙い

 

スポーツジム、コロナ禍で成長

・「エニタイムフィットネス」を展開するファストフィットネスジャパンは、コロナ禍でも好調。閉店した外食チェーン店舗を買い上げスポーツジムに転換している

・外食チェーン店舗は、水回り、換気のシステムが整っているので、再利用でき、初期コストが抑えられる

・良い場所、良い物件が多いので、店舗拡大を加速すべきタイミングと捉えている

 

→(外食チェーン店舗を活用することは、駅前店やロード店等、電車利用、自動車利用双方の客を見込むことができる。しっかりした感染対策を実施し、安全が確保できれば、コロナ禍での体調管理にスポーツジムを利用する人は増えると思います。)

 

塩野義製薬、ワクチン治験を開始

・製薬大手の塩野義製薬は、国内製薬大手として初めてのコロナワクチンの治験を始める

・2021年末に3,000万人分以上の製造可能な体制を目指す

 

ローソン、年末年始は一部休業

ローソンは、全国のおよそ85店舗で、年末年始に時短営業や休業することを決めた

・年末年始に客が減るオフィス街の店舗などが中心で、期間は店舗によって異なり12月30日から来年1月3日の間、複数日にわたって休む店舗も

・セブンイレブンや、ファミリーマートは、年末年始も通常通り営業する予定

 

JR西日本「みどりの窓口」削減へ

・JR西日本は、新幹線の切符などを対面販売する「みどりの窓口」を、2030年度末までに現在のおよそ340駅から100駅程度に削減すると発表

・代わりに、コールセンターと遠隔でやりとりできる機能のついた券売機を増やす

・2022年度末時点で駅係員400人分程度の人件費、およそ15億円の削減を見込む

 

→(最近は、スマホでチケットレスで乗車する人も増えているので、コロナ禍で苦しいところのJRもこういった人件費削減の手を打ってくるでしょう。ただ、複雑な行程の乗車となってしまう場合や券売機でコールセンターとやりとりが長くなると、後ろに待たせている人に気を遣ってしまうなどもあり、窓口を利用したいケースもあるので、なるべく主要駅では無くさない方向でお願いしたいですね)

 

電子ピアノのローランド6年ぶり上場

・電子ピアノなど、電子楽器大手のローランドがおよそ6年ぶりに東証1部再上場した

・ローランドはリーマン・ショック後に業績が低迷し、2014年に外資系ファンドの出資を受けてMBO(経営者による買収)の道を選び上場を廃止していた

・その後、事業の選択と集中を通じて経営を立て直し、欧米での販売が安定して伸びていることから再上場へ踏み切った

・コロナ禍でも在宅時間の増加が追い風となり、電子ピアノなどの需要が伸びているという

 

12月17日(木)放送分

ユニ・チャーム、「SDGs」を経営の最重要方針に

ユニ・チャームは「SDGs」への投資を経営の最重要方針に掲げると発表

・「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、「貧困をなくそう」「気候変動に対策を」「全ての女性や女児に力を」など国連が定めた17の目標のこと

・ユニ・チャーム社長の話:「今後の日本経済は、コロナによって時短勤務が進み、労働時間が減るとGDPが下がる。だが総人口は減っても、より付加価値の高い商品やサービス・知識が生まれていく方向に転換するだろう。」

「ユニ・チャームとしては、社会課題の解決が会社の目的になっていて、目的=「SDGs」として考えている」

 

→(社会の高い仕事、公共性の高い仕事を志向しても、企業である以上利潤を追求しないと自分達が生き残れない。ユニ・チャームは長年培われたパルプを扱う技術を武器に生理用品の機能充実や紙おむつの洗浄再利用に取り組んでいます。「企業に入って社会貢献したい」という学生も多いのですが、こういった社会課題を解決しながら、会社に利益を生んでいる企業をしっかり見つけていくことが必要でしょう)

 

ココカラファイン、店頭でPCR検査キットを発売

・ドラッグストア大手のココカラファインは、都内の8店舗でPCR検査キットを販売する

・価格は1万6,500円、検体を送ると検査機関到着後24H以内に結果がメールで通知される

 

東芝に臨時株主総会を要求

東芝の株主総会で一部の株主の議決権の行使が無効になっていた問題で、筆頭株主の投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」は第三者による調査が必要だとして、調査員を選任するための臨時株主総会の開催を請求

・エフィッシモは9月、東芝に対して第三者委員会の設置を求めていたが、東芝は応じなかた。総会は8週間以内に開催

 

経営難の東京ヴェルディ、経営陣の退陣要求を拒否

・経営難に陥っているサッカーJ2所属の東京ヴェルディはきょう、臨時取締役会を開いた

・株主のゼビオホールディングスから社長ら4人の退陣を要求されていることについては受け入れられないとし、新たに再建のための増資を実施することを提案する臨時株主総会を27日に開催することを決議した

 

「下請け圧力」で電通に注意

・国の新型コロナウイルス対策の事業委託をめぐり、電通社員が下請け業者に対し競合他社に協力しないよう圧力をかけたとされる問題について、公正取引委員会は競争者に対する取引妨害で独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、電通に注意した

・電通はこの入札には参加しておらず、結果的に競合他社の取引や競争に影響は無かったとして、行政処分は見送られた

 

NTTドコモ、農業やスポーツで5G活用実験

NTTドコモは、次世代通信規格「5G」の応用範囲を農業やスポーツに広げようと、大容量のデータを送信できる特徴を生かして、遠隔地から農家に技術支援したり、サッカーを指導したりする実験を実施

・今秋開業した香川県の施設には5G体験エリアも開設された

 

 

12月16日(水)、17日(木)放送分は以上です。

Follow me!

コメント