ワールドビジネスサテライトからの企業情報(12/14,15放送分)

企業研究に役立つ経済ニュースまとめ
スポンサーリンク

<22卒 および23卒以降 向け>

12月14日(月)、15日(火)にワールドビジネスサテライト(WBS)で放送された中にあった企業に関するニュースを取り上げます。

 

さて、GO TOが一時停止になりました。観光業にとっては厳しい措置となっていますが、これだけ感染が拡大したら仕方がないところですね。ただ、この一時停止だけで感染拡大が収まるのかどうか?予断を許さない状況は続くと思います。

 

12月14日(月)放送分

ユーグレナ、”青汁”のキューサイの買収を検討

・健康食品のユーグレナが、投資ファンドのアドバンテッジパートナーズなどと共同で、「青汁」で知られるキューサイを買収する方針で検討している

・全株を保有するコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスから株式を取得

・ユーグレナはキューサイを買収することで健康食品部門の収益力を高める狙い

 

山本化学工業、高機能マスクを開発

・競泳水着素材メーカーの山本化学工業は、新型コロナウイルス感染防止のためのマスクを開発したと発表

・ナノファイバーのフィルターを入れた9層構造で、特殊ゴムが赤外線を放射し、口や鼻、顔を温める機能も持つ。価格は3万3,000円

 

日銀短観、景況感は2期連続改善

・日銀は12月の短観(企業短期経済観測調査)を発表し、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数は9月に実施した前回調査から17ポイント改善した「マイナス10」とした

・中でも「自動車」は、前回調査から48ポイントの改善となり。また、大企業非製造業の業況判断指数は、7ポイント改善した「マイナス5」とした

・「宿泊・飲食サービス」では、政府の観光支援事業「GO TOトラベル」などが改善に寄与した

 

→(確かに、自動車を始め、大手企業の中では少しずつ取り戻しているところも多くなってきていると思います。ただ、「宿泊・飲食サービス」についてはGO TOの一時停止により、次期については下がると思いますし、この冬の期間に旅行や外での飲食を控えることにより衰退する可能性もありますから、予断は許さない状況だと思います)

 

積水ハウス、室内換気システムを開発

積水ハウスは、窓を開けずに室内の空気を清浄化する室内換気システムを発表

・換気によって室内の温度が下がらず、常に空気の流れがリビングから玄関へ行くシステムとなっている

・新築住宅のオプションとして売り出す

 

→(上記の山本化学工業とともに、先日申し上げた「コロナに対抗する社会的に役立つサービス・製品を提供している企業」ですね。こういった企業の新たな取り組みを見ていくことによって、志望動機を深く考えることができると思います)

 

12月15日(火)放送分

KDDI値下げプランを1月に発表へ

KDDIの高橋誠社長は、携帯電話料金の値下げについて来年1月に発表する考えを明らかにした

・対象となるブランドが主力の「au」なのか、傘下の格安ブランドの「UQモバイル」になるのかといった点は明言せず

 

JR東日本・KDDI、東北新幹線の一部にリモートワーク推奨車両を実験導入

JR東日本KDDIは、東北新幹線の一部の車両でテレビ会議などが可能なリモートワーク推奨車両を実験的に導入すると発表

・実証実験は、来年3月までに行い、将来的には、専用車両の開発も検討

・場所や時間に捉われない新しい分散型のまちづくり「空間自在プロジェクト」の一環として実施

 

→(新幹線車内でも仕事している人達にとっては、ありがたい取組になるのかもしれませんが、普通車と同じ料金体系に出来ないと需要は高まらないのではないかと思います。また、遠隔地でも出張ではなくリモートで済ませる企業も今後増えていくことが考えられるので、今後の働き方次第になりそうですね)

 

パソナグループ、就職難の若手採用

パソナグループは2021年4月に大学や高校を卒業しても就職先が決まっていない学生を最大1千人採用し、兵庫県の淡路島にあるオフィスで人事や営業といった部署に配置する

・語学研修なども行い、2年の勤務を経て他の企業や自治体への就職を促す

・雇用の受け皿になるとともに、若手社員の新たなアイデアを新事業などにいかす

 

→(若年層の就職難の影響を緩和する取り組みとしては、歓迎なのですが、学生側としては雇用形態をしっかり確認してから挑んだほうが良さそうですね。雇用期間に制限があるのかもしれませんし)

 

12月14日(月)、15日(火)放送分は以上です。

Follow me!

コメント